【家庭教師アルバイト経験者が語る】良い会社に派遣登録する方法

2015-11-29_004000



スポンサーリンク

 

家庭教師派遣会社に登録する場合
なるべく条件の良い会社に登録
したいと思うのは皆一緒です。

 

“条件”というと「お金」に注目しがち
ですが、必ずしもそうとはいえません。

 

そこで、今回は良い派遣会社とは
どんな会社なのかについて紹介
したいと思います。

 

良い派遣会社とは

2015-11-29_004000

1.高額教材を販売していない

家庭教師派遣会社の中には指導
することよりも自社で作成している
教材さえ売ってしまえばいいとう
会社があります。

 

会社の主たる利益は教材の売り上げ
ですからね。
そのためあまり考え方が生徒本位
ではなくブラックな面が多いです。

 

家庭教師は特定商取引法による
特定継続的役務提供の規制対象
なのですが、法律の網目をかいく
ぐって法律にひっかからないような
契約をさせることがあり注意が必要
です。

 

“家庭教師”のバイトをする上では
あなたが何か罰せられることは
ありませんが、“良い会社”で
働いているかどうかというと疑問です。

スポンサーリンク

2.時給が高すぎない

家庭教師のバイトをしたい人にとっては
当然時給が高い方がいいに決まって
いるのですが、それとは別に派遣会社が
良い会社かどうかはまた別の話です。

 

先生の時給が高いということは、
派遣会社はそれ以上に儲けている
ということです。

 

そして儲けている手段は1でお話した
高額教材を販売しているか、もしくは
家庭教師の指導料やそれにかかる
管理費によって儲けています。

 

そのため先生の時給が高くても会社的
に損はしないので高い時給で求人広告
を出せるんですね。

 

逆に時給が高くないということは、
紹介したような儲け方をしていない
ため先生に支払う時給も少し安く
なります。

 

バイトとしては不満ですが会社として
はわりと健全な運営をしているので
はないかと思われます。

 

3.会社の対応が積極的

家庭教師を派遣してしまえば、あとは
テキトーで良いと考えているような業者
もいますが

 

良い会社というのは定期的に
家庭教師に個別で電話をし、
指導状況を確認したり、必ず毎月本社
へこさせ指導報告書や生徒の状況などを
直接報告させている会社もあります。

 

また家庭教師がわかない問題を
本社へ相談すると、解き方の解説
までしてくれたりするなど対応が
積極的です。

 

ちなみにいいかげんな会社は、
質問しても返答が来なかったり
曖昧な解説をしてくるので良い
会社とはいえませんね。

 

いかがでしたでしょうか、
今回は良い家庭教師派遣会社
の探し方についてご紹介しました。

 

お金も重要ですがくれぐれも
それだけにはこだわらない派遣会社
の探し方も必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ