アルバイト面接先から電話が来ない考えられる3つの理由

30a72e5625401460fcac0a751cb71b45_s



スポンサーリンク

アルバイトの面接を受けて、後日合否の連絡が電話で来ることになっているはずなのに、来ない。

某企業で人材採用担当をしていた私が考えられる3つの理由をお話します。

不採用

一番考えられるのが「落ちた」、不採用のケースです。

理由は「採用活動の時間短縮のため」「言いにくいから」とか「面倒くさいから」など単純なものです。

アルバイト先によって「〇〇日までに電話があれば合格です」や「〇〇日までに電話がなければ不採用だと思って下さい」という形式をとっている会社がありますが、本来であれば合否に関わらず面接を受験してくれた人すべてに結果を伝達するのが筋ですよね。

でも残念ながらそうではない会社もあるんです。

保留

あなたを採用すべきか決めかねている場合、保留が考えられます。

面接も1人1人、曜日をずらして行ったりするので希望者が多ければその分時間もかかります。

また、採用できるのは1人なんだけど採用したい人が2人いて絞れないなど会社側が迷っていることもあります。

採用活動の遅れ

応募者が予想以上に多く採用に時間が掛かっている場合は、合否の連絡も遅くなることがあります。

大会社の場合、本社の人事部がアルバイトの採用に関しても管理をしているためスムーズに進みますが、規模が小さい会社やお店など現場の店長さんに採用が任されている場合は、通常業務の他に採用活動もしているため採用活動自体が長期間になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

対策

49dd9de475cf780072bea4380400be6d_s

合否結果の連絡手段と期日を聞いておく

面接を受ける際に、合否の連絡手段といつまでに結果がわかるのかを確認しておきましょう。

ちゃんとした会社であれば答えられるはずです。

逆に回答が曖昧な場合は会社として信用しにくい感じを受けますね。

また合否の結果がわからないと次のバイト希望先をすぐ始めなければならない人も多いと思うので。

直接電話して再確認する

面接終了後、いつまで経っても会社から連絡が来ない場合「不採用」の可能性も十分あるのですが、気になるのあればこちらから直接電話をして合否結果や採用状況についてどうなっているのか聞いてもいいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ