【注意】電話勧誘の家庭教師の無料体験授業に隠された甘いワナ

2016-01-06_004832



スポンサーリンク

 

「家庭教師のご紹介でお電話させて頂いております」
など、いかにも営業トークであるとわかっていても
「無料体験」という言葉に心が揺らいで
しまった人もかなりの確率でいらっしゃる
のではないでしょうか。

 

今回は、特殊詐欺が流行っている昨今
家庭教師の無料体験授業の電話勧誘に
隠された甘いワナについてお話ししようと
思います。

 

無料体験授業ってなに?

2016-01-06_004832

 

子供の成績に悩んでいる親であれば
マンツーマンのきめ細かい対応がウリの
家庭教師の話を勧誘のプロにされ
さらに「入会しなくてもいいからお試しで
「無料体験授業」をやってみませんか?」
などと押されてしまうとついつい
受け入れてしまいますよね。

 

家庭教師をすすめる“無料体験授業”とは
そもそもどんなことをするのかというと

 

まず派遣会社からスーツをきた学習アドバイザー
とかコーディネーターなどという肩書をもった
営業マンが来ます。

 

会社によってはより家庭教師をイメージさせ
親近感を出させて安心させるために大学生を
雇ってこのよな仕事をさせています。

 

大学生は“現役家庭教師”と名乗りますが
実際は違う場合がほとんどです。
実際に大学生の人もいますが、
バイトの種類が違います。

 

話を戻しますが
無料体験授業は主に用意された
問題集の問題を30分~1時間程度実際に子供に
解かせ模擬家庭教師を体験してもらいます。

 

目的は何?

無料体験授業の目的は
ズバリ家庭教師派遣会社に入会してもらうこと
です。

 

もっというと電話勧誘をしてくるような派遣会社の
真の目的は入会して家庭教師を付けてもらうこと
ではなく、高額な教材をローンを組んで購入
してもらうことです。

 

ですので極端な話、家庭教師はいらないから
教材だけほしいなんて言えば喜んで売ってくれます。
(もちろんそんな人はいませんが・・)

 

電話勧誘の時点では家庭教師など
やる気がなくても無料体験授業で
子供のやる気を掻き立てれば
親も「ならやってみる?」ということになり
入会してくれることがあります。

 

しかし、ここで本当に注意してほしいのですが
無料体験授業にくる営業マンや
ニセ家庭教師は無料体験授業のプロです。

 

子供の心をつかむためにマンガやゲーム
雑誌や流行っていることなどの話を取り入れ
“やさしい理想の家庭教師像”を演じてきます。
色々な家庭に行って話し慣れているので
子供だって騙されてしまいます。

スポンサーリンク

来た当日に絶対契約しない

子供がやる気になってしまうと親もダメとは
言いづらくなると思います。

 

特に勉強嫌いの子供がやる気になったと
思えば親もいい機会だと勘違いしてしまう
でしょう。

 

でもちょっと待ってください。

 

自分が呼んだとはいえ
初対面の人から来た当日に
何十万もする高額教材のローンを
組むなんてことは
絶対にしてはいけません!!

 

「子供の教育」というコトバを盾に営業マンは
手を変え品を変えトークであなたの心を
揺さぶり続けます。

 

悪徳業者であれば何時間も居座りますが
どんなにハンコをつくように迫られても
帰ってほしいばかりに自分が折れることは
してはいけません。

 

もし、契約したい気が少しでもあるのであれば
取り敢えず営業マンが来た当日に契約せず
1~2日経って冷静になってからこちらから
連絡する旨を伝えましょう。

 

もっとも当日でないと契約する気持ちが
覚めてくることを営業マンは知っているので
引かないと思いますが
2回断って引き下がらないなら警察を呼ぶことを
おすすめします。

 

1回契約をしてしまうと解約できないような
手段を取ってきますので注意しましょう。
例えば以下記事内容に書かれている
手を使ってきます。

⇒家庭教師の高額教材販売が詐欺行為と呼ばれる3つの大きな理由

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ