どうする?家庭教師をしている生徒が不合格だったときの対応方法

2016-01-06_004510



スポンサーリンク

 

中学受験であれ高校受験であれ
大学受験であれ
受験生の家庭教師が抱えるプレッシャーは
受験とは関係ない生徒を受け持ったときの
プレッシャーとは比べ物にならないほど
重圧です。

 

私は「合格なら高校進学、不合格なら就職」
という中学3年生の男の子の家庭教師を
担当したことがありましたが

 

自分が受験したときよりも緊張し、
公立高校試験の合否結果が出る2月は
生きた心地がしませんでした。

 

幸いにも私の場合は生徒は合格しましたが
当然「不合格」になる生徒もいます。

 

そこで、今回は家庭教師をしている生徒が
不合格だったときにどのような対応を
すればいいのかについてご紹介したいと
思います。

2016-01-06_004510

不合格が伝えられる

これは私が家庭教師とは別に
家庭教師派遣会社の方で仕事をしていた
ときに経験したことですが
生徒が受験に失敗し不合格だった場合
親から派遣会社に
「不合格だったので指導を終了にしてほしい」
旨の電話が来て、派遣会社から家庭教師に
連絡が行くパターン

 

生徒の親から直接家庭教師に電話なり
メールなり連絡が入って不合格を知る
パターンが主にあります。

 

不合格後の対応

先程も言ったように不合格の場合は
推薦入試を除き
結果がわかるのが2月、3月になるため
合否がわかった時点で契約を終了する
生徒が大半です。

 

そのため不合格後も生徒宅に通うことは
まずありません。ですので家庭教師として
気まずい状態が続くということもありません。

 

しかし、不合格直後というのは生徒も両親も
落ち込んでいることが多いので敢えて
こちらから連絡を取ったり会いに行く
ようなことはやめましょう。

 

生徒の親(特にお母さん)から
「不合格の旨とまた落ち着いたらご連絡します」
というような連絡が入った場合には
それに従いましょう。

スポンサーリンク

家庭教師の責任ではない

これはいつも問題になるのですが、
受験の不合格と家庭教師の責任を
問いだしたら塾業・家庭教師業は
とてもじゃないけどやっていけません。

 

ですが、派遣会社や家庭教師本人に
クレームを言ってくる親がいるのも
事実です。

 

たしかに家庭教師の役割は生徒の成績を
あげることですが、契約違反とまでは
いいきれません。

 

ですので、責任感の強い家庭教師の中に
自分を責めてしまう人もいますが、
生徒も先生も頑張った結果が不合格
であれば仕方のないこととして素直に
受け入れるしかありません。

 

いかがでしたでしょうか。
受験生の家庭教師をすると
今回のような生徒の不合格に
直面してしまうこともあります。

 

感情の問題で済めばいいのですが
それがクレームとなったトラブルに発展
してしまうケースも稀ですがあります。

 

このようなときに生徒と個人契約の形態を
取っていると非常に厄介ですので
貰える給料が多少下がっても
家庭教師派遣会社に登録して
仕事をした方がトラブル時に
対応してもらえるので安心です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ