プロ家庭教師と学生家庭教師のメリット・デメリットを徹底比較!

2016-01-18_000108



スポンサーリンク

 

プロの家庭教師を付けるか
学生の家庭教師を付けるか
どちらが良いのかよくわからない
お父さんお母さんもいらっしゃると
思います。

 

今回は、プロの家庭教師と
学生の家庭教師のメリット・デメリット
徹底比較したいと思います。

 

プロ家庭教師

2016-01-18_000108

 

プロ家庭教師とはその名の通り
本職を家庭教師にしている人です。

 

大手家庭教師派遣会社に所属している
ケースと個人間で契約を結んでいる
ケースがあります。

 

塾や学校の臨時講師と家庭教師を
掛け持ちしている人など形態は様々です。

 

メリット

プロの家庭教師の最大のメリットは
指導経験、実績が豊富なことです。

 

やはり、様々な生徒を指導してきているため
個々の性格や能力に合わせた指導の
コツを知っていることが多く安心感があります。

 

また医学部進学や絶対に難関校に
入りたいなど強い希望があるので
あれば専門的な知識をもっている
プロの先生を選んだ方が良いです。

 

プロの家庭教師というと何か特別な
感じがしますが、塾や予備校の先生と
同じく常日頃から、成績を上げるには
どうしたら良いのかを考えている人たち
なので学生のアルバイトとは違って
当然です。

 

デメリット

成績を上げることに最重点を置いている
のであれば絶対にプロの家庭教師を
おすすめしますが、

 

勉強をする習慣を付けさせたい。
まずは勉強に興味を持つようにお兄さん
お姉さん的な子供と年齢の近い先生と
たのしく学ばせたいなど年齢の問題

 

プロ家庭教師は学生家庭教師よりも
指導料金が高いことが
多いので
こられの点ではデメリットになります。

スポンサーリンク

学生家庭教師

2016-01-17_235927

 

主に大学生になりますが、
形態としてはアルバイトです。

 

大学からの紹介やネット掲示板による
個人間契約によるケースもありますが
家庭教師派遣会社に登録している
ケースの方が多いですね。

 

メリット

学生家庭教師の最大のメリットは
生徒と年齢が近いため生徒が
共感できる部分が多く勉強+楽しさが
加わりやすい点です。

 

家庭教師をつける生徒の多くは、
塾などの集団授業では付いていけない、
マンツーマンでじっくり教えてほしい
と思っています。

 

しかし、おじさんやおばさんが横に
べたっとくっ付いて勉強を見られたのでは
親や学校の先生が横にいるのと変わらず、
息が詰まってしまう子も多いでしょう。

 

それに対し、年齢の近いお兄さん、
お姉さん的な学生の家庭教師であれば
勉強以外の話もまぁまぁ合うでしょうし

 

親近感が沸きやすいので
勉強が嫌いな子供にとっては
楽しく学べる可能性があります。

 

デメリット

プロの家庭教師と比べて、指導経験が
少ないのは否めません。
また受験に関する持っている情報量が
少ないです。

 

もっとも受験に関する情報に関しては
調べようと思えばいくらでも
調べられるのでそれほど困りませんが

 

一番困ってしまうのは学力不足の場合です。
教えてもらいたいことが先生もわからない
ような状態ですね。

 

テキトーに教えられてなんとなく
時間だけが過ぎてしまうこともあります。
ですので、このようなケースでは
派遣会社に連絡して先生の交代要請を
しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、プロの家庭教師と
学生の家庭教師のメリット・デメリットに
ついてご紹介してきました。

 

もちろんプロであれ学生であれ
家庭教師個人の能力による部分が多い
ので今回ご紹介したことがすべての
ケースに当てはまるわけではありませんが

 

家庭教師をつけたいと思った時に
以下の記事も含めて参考にして
もらえれば幸いです。

⇒必見【目的別でわかる】後悔しない家庭教師の選び方とポイント

⇒経験者が教える!子どもに合った家庭教師を選ぶ3つのポイント

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ