知ってますか?家庭教師のバイトが儲からない3つの理由

2015-12-13_223955



スポンサーリンク

 

“短時間で高時給”

 

そんなコピーや噂で家庭教師のバイト
をやってみようと思ったそこのあなた、

 

はっきりいって家庭教師バイトは
儲からないからやめさない。
断言します。

 

でも、なんで儲からないのか気になった
人はその理由3つをご紹介しますので
最後まで読み進めて下さいね。

 

儲からない3つの理由

2015-12-13_223955

1. 時間数が限られている

“家庭教師”という名の通り、基本的には
“家庭”=生徒の家に行って指導します。

 

ということは生徒の家まで行くのにかかる
時間と指導時間を考えると1日1件が限界
です。

 

1日は24時間ですから、たかだか90分程度
であれば何軒も回れるじゃないかと思うかも
しれませんが、生徒は日中、学校に行っている
ためどんなに早くてもPM5時以降で
一番多いのはPM7~です。

 

90分でPM8:30、2時間でPM9時迄、
なんだかんだ押して+10分くらい見ても
終了時間は9時前後ということになります。

 

だからどう頑張っても1日1件が限界なのです。

 

例えば、90分コースの場合、時給1500円
であれば90分で2250円、1日に2250円しか
稼げません。

 

2. 日数が限られている

1では1回の指導時間が短い話をしまし
たが、それと同じく、1人の生徒が家庭教師
をお願いする日数はだいたい
1週間に1日~2日で、

 

週3日なんていうのはほどんどありません。

 

そのため例えば1回90分を週2回の指導
の場合、時給1500だとすると90分で
2250円/1日×2日=4500円/週×4=
18,000円/月。

 

つまり1ヵ月で2万円も稼げないということ
になります。

 

土日入れて1週間のうち5日は仕事がない
週休5日と考えれば稼げるわけがない
のもわかりますよね。

 

だから、生徒を1人だけでなく2人、3人と
掛け持ちするのが一般的なのです。

 

家庭教師ではなく、塾やその他飲食系
などまったく関係ないバイトを掛け持ち
している人もいます。

スポンサーリンク

3. 仕事がすぐ来ない

家庭教師派遣会社に登録しても
必ずしもすぐに生徒が決まるとは
限りません。

 

コンビニなどように24時間365日仕事
がある職種ではないためバイト登録
したからといって、“じゃ、あしたから”
というわけにはいかないんですね。

 

家庭教師の場合は先生側が出している
条件(指導可能科目、指導可能地域など)
と生徒側の希望条件(性別、学歴、性格、
交通費の有無など)が合わなければ紹介
されないので、タイミングに左右されます。

 

そのため一刻も早く稼ぎたいと思って
いても肝心な仕事がないなんてことは
当たり前なので稼ぎたい人にとっては
タイムロスですね。

 

いかがでしたでしょうか。
このようの家庭教師バイトは儲かりません!!
だから稼ぎたいと思っている人がやっては
いけなバイトなんですね。

 

教育ビジネスといっても派遣会社は
儲かりますが、末端の家庭教師自体は
儲かりません。

 

しかし、それでも家庭教師をしたい人
がいるのはなぜか?といえばそれは
お金ではない目的があるからです。

 

“教えることが好き”“子どもが好き”
“教師になりたいから練習として”
“成績を上げて指導力を磨きたい”
“生徒の役に立ちたい”などなどに
興味がある人に向いている仕事です。

 

↓↓ ☆【学年別】参考時給相場☆ ↓↓

⇒【家庭教師バイト】小学生に教える時給相場はいくらくらい?

⇒【家庭教師バイト】高校生に教える時給相場はいくらくらい?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ